5月6日 カンブリア宮殿 ~食品偽装 日本の食の安全は~

「食」をテーマにした回でした。

【高くても安全でうまい野菜は売れる】

~うまい野菜を1本作り、それを消費者へ提供していく。
それが社会を変える大きなパワーに変わる~

「株式会社大地」
無農薬野菜の宅配販売で
主婦から圧倒的な支持を集める会社。

同社社長の藤田さんは、
無農薬野菜のおいしさを消費者に提供するため、
信頼できる農家の確保のため、
自分の目と足で確認する。

提携農家全てを自分の目で見て、
本当に農薬を使っていないのかを確かめる。

そのために、
農家の農薬抜き打ちチェックをしばしば。

藤田社長が大切にしている徹底した安全管理とは!?

①農薬使用のチェック
②土壌のチェック
③出荷直前の残量農薬チェック

今では、8万5千人の消費者から支持されている。

大地のカタログには、農薬使用回数なども書かれている。
生産現場の情報を迅速に正直に開示することにより、
消費者に信頼され、売り上げのアップとコストの削減に繋がると考えている。

「自分が自信を持って提供できるモノであれば、顧客満足を得られる。」

多少高くても、安全な野菜であれば、食でコストが増えても、
どこか別のところでのコストが減っていくのが経済バランス。

たとえば、安全な食により、健康になり医療コストが減ったり。

先を見据えて考えると、無農薬野菜も高くはない。



これを採用に置き換えてみると、
新卒採用にコストを掛けて本当に自社に合う学生を採用出来れば、
その社員が将来活躍して、自社の未来の担い手になるといえるだろうか。

それでは、どうやって学生を採るのか。

そこで必要なのが、
①各企業が本当に求める人材とは。
②求める人材に対してのアプローチ手法とは。
③最適なアプローチツールとは。
だ。

これらがしっかり出来ないと各社に本当に合った学生は採用できないだろう。

それでは、どうすればできるのか。

プロ(キャリアマート)と一緒にやってみること。

①③に関してはコンサルティングで解決します。

②に関してはアウトソーシングで解決します。

今回で言うと、
農家=採用実施企業様
大地=キャリアマート
消費者=学生

消費者(学生)に本気で良い野菜(企業)だと薦めるために、
大地(キャリアマート)も農家(企業)を選ばせてもらいますし、
自信を持って薦められる野菜に関しては、本当に自信を持って消費者に薦めます。

しかし、選ぶだけでなく、自信を持って薦められる企業に変貌させるのも弊社の価値。

そんな価値をもっと提供できれば、弊社も社会を変えるパワーになれるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック